ジョリー フォニックス


Jolly Phonics(ジョリー フォニックス)

福岡でジョリーフォニックスを学べる教室は少ないですが、東京・大阪では どんどん広がりを見せています。

もともとイギリス生まれのジョリーフォニックスは、英国現地の約70%の小学校で取り入れられています。 

一時 読み書きの力が低迷していたイギリスで、子供達の読み書き効果を達成してからシェア率は伸びています。

現在、世界100カ国以上の子供達がJolly Phonicsで楽しく学んでいます。

ジョリーフォニックスの、しっかりしたカリキュラムでイギリスの小学生と同じように福岡でも学んでみませんか?

 

ジョリーフォニックスって何?

 

子供達が楽しく、英語の「読み・書き」を身につけるためのプログラムです。

「音」と「アクション(動き)」からスタートし、子供達の英語の基礎を作り上げる素晴らしいものです。音を覚えるだけでなく、それを使い単語を書いたり、文章を作ったりと、ステップを踏みながら英語の力を育てます。

 

その後はジョリーグラマーに進みます。日本の英文法の難しいイメージを柔らかくしてくれるアクションもありますので、子供達は楽しみながら力をつけていきます。

 

 

 

*ジョリーフォニックスで学ぶ5つのステップ*

 

1.Learning the letter sounds

  英語の文字(アルファベットを含む42音を身につける

 

2.Learning letter formation

  文字の形を学び覚える

 

3.Blending

  それぞれの文字の音をつなぎ合わせ、1つの単語を作り(読み・書く)

 

4.Identifying the sounds in words(Segmenting)

  言葉(単語)の音を聞いて、文字に書き出す

 

5.Tricky words

  フォニックスの法則で読めない単語を学ぶ

 

 

 


〈どのように学ぶの?〉

Jolly Phonicsを学ぶ様子。

可愛いアクションが子供達

を助けてくれます。 

〈アクション&音〉

アクションと音とお話を一緒に使い学ぶので、定着率も高く。忘れた時もたくさんの感覚で吸収していくジョリーフォニックスは、記憶を取り戻しやすいです。

〈本を自分で読めるように☆〉

幼児でも英語が読めるようになります。

最初からスラスラとはいきませんが、

英語圏の子供も同じです。繰り返しの

練習で少しずつ読めるように!始めは

少し大変ですが、読めるようになることが

子供の自信となり、学びが楽しくなります。

読めるようになってきた、読めた!

という喜びはひらがなと同じです。

いえ、それ以上かもしれません


ジョリーフォニックスを学んで出来るようになったこと(変化)の生徒さんの実際の声

 

・動くのを見ていると思い出してできる

・おもしろい(楽しい)

・発音がキレイになったって感じる

・知らない単語を見た時、自分で自然と予想して読んでいたからビックリした!

・学校のネイティブの先生に以前より高い評価をもらえるようになった

家族にも「発音が変わったね。きれいになったよ。」と褒められました。

・文を読むときも、分からない単語はレッスンで習った発音を当てはめ読めるようになりました。

・ジョリーフォニックスを習ったおかげで、テストで書いた単語が合っているか自信がない時に、フォニックスで習った発音を当てはめて確認できました

〜Jolly Phonics Story〜

 

もともとイギリスで読み書きが難しい子供が増えた時期に「どうにかしなければ!」と考えられ作られたフォニックス教材です。

子供の記憶に残りやすい多感覚を使い学びやすさがとても工夫されています。

 

それは、そうでない多くの子供達にとっても

読み書きを身につけるプログラムとして有効で優れた効果を発揮した、というデーターもでているくらいです。

 

私自身もジョリーフォニックスに出会ってから、発音が向上し 知らない単語を読むことも自然にできるようになり、

ジョリーフォニックスで吸収したスキルはどんな人にも大きな助けとなると確信しています!

子供たちが中学校に上がる前に身につけることで、中学校の授業がより楽しく分かり易くなると考えています。

 Jolly learning社のホームページこちらをクリック

 

7つのグループに分かれており、

42の音を身につけます。