多読は英語の強い芯を育ててくれる、多読効果の私なりの裏付け。

こんにちは!
子供英語教室サンフラワーの さなえです。

英語絵本の読み聞かせから始まり。
絵本がどんどん好きになる。
いずれ子ども自身が読めるようになること。
それを続けた後は、、
英語の本が苦痛なく読めるようになり。

やがて、
憧れのペーパーバックの洋書が読めるようになる。

これは英語を自分の言葉にするために
とても大事な行程です。

もちろん、話す練習など 他にもありますが、
本は、強い英語の芯を育てる役割を果たしてくれます。


最近、過去を振り返り英語が話せる友人を思い浮かべていました。
何人か浮かんで、彼らはネイティブと対等に話せるのはもちろん、喧嘩をふっかけてみたり(ちょっと言葉が悪い。。笑)ディベートしてみたり、本当あまり困ることはないように見えるくらいの英語力を持っていました。

ただ、皆 公立の高校に行き バイリンガルでもありません。

ある日その中の1人に言われました。
太い洋書を手に持ちながら、「サナエもこういう本読んだらいいよ。結構楽しいよ」と普通の平凡な会話の中、言われました。10年以上前のずいぶん若い頃の話です。

私は、「うん、そうねー」何て言いながら、え?そんなん読めないよう(;´д`)と思っていました。

また、別の友人たちは家に行くと普通に太い洋書が本棚に並んでいました。


今バイリンガルの勉強や多読などいろいろ研究していると、「あぁ、
だからあんなに英語の力があったのか」と妙に納得です。
英語の本が彼らの英語力を芯の強いものにしていたんです。

そして言いたいのは、絵本を幼児期にスタートすることがいかに重要か、です。
その友人たちは皆幼児期からすごい英語教育を受けてはいないと言ってましたが、様子を見ていると本を抵抗なく読んでいます。

幼児期には読み聞かせをすることで、英語絵本を身近に感じ親しみを持てるように、そして本が好きになります。その次のステップで、いずれ子供自身が文字を読んでいけるようにしてあげる事は大切。
その土台をしっかり築いてあげることで、どんどんステップアップして行きます。

楽しむこと♫が学ぶ原動力になります^ - ^